リンク・アンド・シェア・オペレーションズ株式会社リンク・アンド・シェア・オペレーションズ株式会社

環境保護を考えた洗剤「エコデクリーン&パーフェクトK」
  • ホーム
  • エコデクリーン
  • パーフェクトK
  • ラッピングコート
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • メニュー
  • 油分散の仕組み
  • 報告書
  • 使用方法
  • 流出油に対する作業手順
  • 使用例
  • 安全データシート
  • エコデクリーン−M
  • エコデクリーン−MA
  • パーフェクトKA
  • パーフェクトK
  • 企業情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ダウンロード
  • サイトマップ
  • リンク
チーム6% リンク ・アンド・シェアオペレーションズ株式会社はチーム・マイナス6%に参加しています
安全データシート・エコデクリーン

エコデクリーン

製品安全データシート

作 成2008/06/06
改 訂2011/08/01
改 訂2012/06/01

製品名 : エコデクリーン−M  本製品安全データシート(MSDS)PDFファイルはこちら

  1. 1.製品及び会社情報
    • 製品名 : エコデクリーン−M
    • 会社名 : リンク・アンド・シェァ・オペレーションズ株式会社
    • 住所  : 〒982-0244  宮城県仙台市太白区秋保町馬場字町北49-2
    • TEL 022-399-5051
    • FAX 022-399-5052
    • 担当者 : 中野 勝則
    • 緊急連絡電話番号 : 同    上

  2. 2.危険有害性の要約
    • GHS分類

    • 物理化学的危険性
    •   
    • 火薬類:分類対象外
    • 可燃性/引火性ガス:分類対象外
    • 可燃性/引火性エアゾール:分類対象外
    • 支燃性/酸化性ガス:分類対象外
    • 高圧ガス:分類対象外
    • 引火性液体:区分外
    • 可燃性固体:分類対象外
    • 自己反応性化学品:分類対象外
    • 自然発火性液体:区分外
    • 自然発火性固体:分類対象外
    • 自己発熱性化学品:区分外
    • 水反応可燃性化学品:分類対象外
    • 酸化性液体:分類対象外
    • 酸化性固体:分類対象外
    • 有機過酸化物:分類対象外
    • 金属腐食性物質:区分外
    • 健康に対する有害性
    • 急性毒性(経口):区分外
    • 急性毒性(経皮):区分外
    • 急性毒性(蒸気):区分外
    • 急性毒性(吸入:ミスト):区分外
    • 皮膚腐食性/刺激性:分類できない
    • 眼に対する重篤な損傷性/眼刺激性:分類できない
    • 呼吸器感作性:分類できない
    • 皮膚感作性:分類できない
    • 生殖細胞変異原性:分類できない
    • 発がん性:分類できない
    • 生殖毒性:分類できない
    • 特定標的臓器毒性(単回ばく露):分類できない
    • 特定標的臓器毒性(反復ばく露):分類できない
    • 吸引性呼吸器有害性:分類できない
    • 環境に対する有害性
    • 水性環境有害性(急性):区分外
    • 水性環境有害性(慢性):区分外
    • GHSラベル要素
    • :なし
      注意喚起語
      :なし
      【最重要危険有害性】
      人体に対する有害な影響:目に入ると低刺激
      環境影響:生分解性良好
      物理的及び化学的危険性:特になし
      化学物質等の:分類
      分類の基準に該当しない
      危険有害性情報:眼への刺激
      注意書き:使用前に安全注意を読み、理解するまで取り扱わないこと。
      保護手袋、保護眼鏡、保護面等の保護具を着用する事。

  3. 3.組織、成分情報
    • 単一製品・混合物の区分:混合物
    • 化学名又は一般名:ポリオキシアルキレンアルキルエーテル
                  ヤシ油脂肪酸ジェタノールアミド(1.5%)
                  食添エタノール (補助剤)0.5%
    • 成分及び含有量:主剤5.5%
      補助剤 食添エタノール0.5%
    • CASNo:64-17-5 (食添エタノール)
    • PRTR法:該当物質なし
    • 化審法:2-202(食添エタノール)
    • 安衛法:政令番号61(エタノール)
    • 消防法:該当物質なし
    • 土壌汚染対策法:該当物質なし

  4. 4.応急措置
    • 吸入した場合:新鮮な空気の場所に移動させ安静にさせる。
    • 目に入った場合:直ちに清浄な流水で15分以上洗浄し、刺激がある場合は、医師の診察
      を受ける。
    • 皮膚に付着した場合:水又は温水で洗い落とす。皮膚に異常が出た場合は、必要に
      応じて医師の診察を受ける。
    • 飲み込んだ場合:水を多量に飲ませ、吐かせてから医師の診察を受ける。
    • 応急処置をする者の保護:救助者は可能な限り保護具(手袋、眼鏡等)を着用する。

  5. 5.火災時の措置
    • 消火剤:指示はない。
    • 消火方法:不燃物である。周辺火災の場合、速やかに安全な場所に移す。
    • 使ってはならない消火剤:情報なし
    • 火災時の特有危険有害性:燃焼ガスには、一酸化炭素等の有害ガスが含まれるので、
      消火作業時には煙の吸入を避ける。
    • 消火を行なう者の保護:消火作業では、適切な保護具(手袋、眼鏡、マスク等)を着用する。

  6. 6.漏出時の措置
    • 人体に対する注意事項:漏出時の処理を行う際には、必ず簡易マスク、ゴム手袋、長靴、
      保護メガネ等を着用すること。
    • 環境に対する注意事項:多量の場合は、河川への流出を防止する。
    • 封じ込め及び浄化の方法:少量の場合は、水で洗い流す。多量の場合は、空容器に出来る
      だけ回収し、ウエス等で拭き取った後、多量の水で洗い流す。

  7. 7.取扱及び保管上の注意
    • 取扱:簡易マスク、ゴム手袋、長靴、保護メガネ等の保護具を着用する。
    • 保管:直射日光下・30度以上の高温になる場所を避け密栓し、屋内に保管する。
      氷点下で凍結するので、冬期は凍結しない場所に保管する。
      一度開封された容器は、注ぎ口をきれいに拭き取り、完全密封して保管する。
    • 保管量:備蓄量の制限はない。
    • 保存期間:目安として1年間以内に使い切る。

  8. 8.暴露防止及び保護措置
    • 設備対策 : 特に設定なし
    • 管理濃度 : 設定なし
    • 許容濃度 : 設定なし
    • 日本産業衛生学会:設定なし
    • ACGIH:設定なし
    • 保護具:必要に応じて簡易マスク、ゴム手袋、長靴、防護メガネ等を使用する。
      使用後は水洗浄すること。

  9. 9.物理的及び化学的性質
    • 【外  観】
    • 物理的状態:液体 (常温)
    • 色:無色透明
    • 臭い:微かな薬品臭
    • pH:7.0〜7.3 (15℃)
    • 【物理的状態が変化する温度】
    • 沸点:100℃
    • 引火点:引火せず
    • 発火点:発火せず
    • 爆発限界:下限、上限とも設定なし
    • 比重:1.02 (25℃)
    • 粘度:5.1Pa・s (15℃)
    • 【溶 解 性】
    • 水:水溶性、軟水、硬水で性能不変
    • その他の溶媒:設定なし

  10. 10.安定性及び反応性
    • 安定性:酸・アルカリに安定。他の洗剤、溶剤に可溶安定。
    • 反応性:特になし
    • 避けるべき条件:30度以上の場所に長時間放置しないこと。
    • 避けるべき物質:特になし
    • 危険有害分解生成物:特になし

  11. 11.有害性情報
    • 急性毒性:LC50360mg/L((財)日本食品分析センターBinominal法サンプル魚ヒメダカ)
    • 皮膚腐食性・刺激性:データなし
    • 眼に対する重篤な損傷・刺激性:データなし
    • 呼吸器感作性又は皮膚感作性:データなし
    • 生殖細胞変異原性:データなし
    • 発がん性:データなし
    • 生殖毒性:データなし
    • 特定標的臓器・全身毒性単回暴露:データなし
    • 特定標的臓器・全身毒性反復暴露:データなし
    • 吸引性呼吸器有毒性:データなし

  12. 12.環境影響情報
    • 移動性 : 物理化学的性質からみて、水域・土壌環境に移動しうる。
    • 残留性/分解性 :生分解度77%以上(OECD化学物質テストガイドラインによるDOC法)
    • 魚毒性 : LC50360mg/L((財)日本食品分析センターBinominal法サンプル魚ヒメダカ)
    • その他のデーター : データなし

  13. 13.廃棄上の注意
    • 100倍以上の希釈処理の上廃棄。あるいは、産業廃棄物処理業者に委託。
      空容器を廃棄する場合は、内容物を処理した後処分する。

  14. 14.輸送上の注意
    • 国際規制 : 該当なし
    • 国連分類 : 該当なし
    • 国連番号 : 該当なし
    • 輸送の特定の安全対策 :「7.取扱及び保管上の注意」の項の記載に従うこと。
    • 及び条件: 運搬に際しては、容器から漏れがない事を確かめ、転倒・落下・損傷などに
      注意して積み込み、荷崩れ防止を確実に行う。
    • 海上輸送及び航空輸送 : 非危険物につき混載可。

  15. 15.適用法令
    • 該当なし

  16. 16.その他の情報
    • 本製品安全データシート(MSDS)は、現時点で入手できる最新の資料、データに基づいて作成しており、 新しい知見により改訂されることがあります。また、MSDS中の注意事項は通常の取扱いを対象にした ものです。製品使用者が特殊な取扱いをされる場合は、用途・使用法に適した安全対策を実施の上、 製品を使用して下さい。また、当社は、MSDS記載内容について十分注意を払っていますが、その内容を保証するものではありません。